Top   
Happy Wedding!
先日友人の結婚披露宴がありました。
こんな素敵な披露宴があるのってくらい素晴らしいものでした。

新郎は大学時代のクラスメートであり、同じ部活(ジャズ・ビッグバンド)の同期。
新婦は部活の後輩。
なので披露宴は同窓会さながらに、全国に散らばったクラブの先輩・同期・後輩で溢れていました。
もちろん新郎・新婦がお世話になった方や他のご友人もいらっしゃいましたが。
(結婚式は新郎の実家近くで済ませたということで、親族は両家ご両親とご兄弟のみ)
そんな二人の披露宴は食事もそっちのけになってしまうほど楽しいものでした。
普段、食事を残すなんて考えられないわたしが、半分も食べずに終わっちゃったし。でもデザートだけは完食!

クラブの同期・後輩の有志のビッグバンドの演奏、新郎をフィーチャーしたラブソングの演奏、そしてサプライズ。
サプライズは同期の男の子が氣志團のコスプレをして「マブダチ」を歌いました。
とってもいい演奏&素敵な歌で、普段は少しはにかみ屋で目立ちたがらない彼が熱唱する姿に新郎・新婦はもちろん、見ていたわたし達も感動して涙ぐんでしまいました。
歌った本人は席に戻ってくると、フォークもまともにもてないほど手が震えてましたが。
さらにその後延々「腰が痛い。。。」と訴え続け、別の同期に湿布貰ってました。
披露宴になんで湿布持ってきてるんだ。。。
おかげで腰は治ったようでした。


さらに先輩が作った二人の馴れ初めまでを描いたビデオの上映もあり。
これまたインタビューと凝った再現ドラマで構成されたよく出来たもの。
大笑いしたり、感動して泣いちゃったり。。。力作でした。

他にも先輩がコンボ演奏したり、新郎新婦が各テーブルを回って写真撮影したりする時間もあったり。
3時間という少し長めの披露宴でしたが、とても楽しく時間はあっという間に過ぎてしまいました。
ブライダル業界が提案するような凝った趣向は一切なく、二人の結婚をお祝いする友人達が多いに協力して出来上がった、二人の人徳の表れた素敵な披露宴でした。

こんな素敵な披露宴が出来る二人だから、きっとこれから誰もがうらやむような素敵な家族を作り上げていくんだろうね。
本当に幸せになってね!
[PR]
by vanilla_noel | 2006-05-31 14:57 | ◆日々
<< 愛しい人 さよならの日 >>