Top   
Happy Wedding!
先日友人の結婚披露宴がありました。
こんな素敵な披露宴があるのってくらい素晴らしいものでした。

新郎は大学時代のクラスメートであり、同じ部活(ジャズ・ビッグバンド)の同期。
新婦は部活の後輩。
なので披露宴は同窓会さながらに、全国に散らばったクラブの先輩・同期・後輩で溢れていました。
もちろん新郎・新婦がお世話になった方や他のご友人もいらっしゃいましたが。
(結婚式は新郎の実家近くで済ませたということで、親族は両家ご両親とご兄弟のみ)
そんな二人の披露宴は食事もそっちのけになってしまうほど楽しいものでした。
普段、食事を残すなんて考えられないわたしが、半分も食べずに終わっちゃったし。でもデザートだけは完食!

クラブの同期・後輩の有志のビッグバンドの演奏、新郎をフィーチャーしたラブソングの演奏、そしてサプライズ。
サプライズは同期の男の子が氣志團のコスプレをして「マブダチ」を歌いました。
とってもいい演奏&素敵な歌で、普段は少しはにかみ屋で目立ちたがらない彼が熱唱する姿に新郎・新婦はもちろん、見ていたわたし達も感動して涙ぐんでしまいました。
歌った本人は席に戻ってくると、フォークもまともにもてないほど手が震えてましたが。
さらにその後延々「腰が痛い。。。」と訴え続け、別の同期に湿布貰ってました。
披露宴になんで湿布持ってきてるんだ。。。
おかげで腰は治ったようでした。


さらに先輩が作った二人の馴れ初めまでを描いたビデオの上映もあり。
これまたインタビューと凝った再現ドラマで構成されたよく出来たもの。
大笑いしたり、感動して泣いちゃったり。。。力作でした。

他にも先輩がコンボ演奏したり、新郎新婦が各テーブルを回って写真撮影したりする時間もあったり。
3時間という少し長めの披露宴でしたが、とても楽しく時間はあっという間に過ぎてしまいました。
ブライダル業界が提案するような凝った趣向は一切なく、二人の結婚をお祝いする友人達が多いに協力して出来上がった、二人の人徳の表れた素敵な披露宴でした。

こんな素敵な披露宴が出来る二人だから、きっとこれから誰もがうらやむような素敵な家族を作り上げていくんだろうね。
本当に幸せになってね!
[PR]
# by vanilla_noel | 2006-05-31 14:57 | ◆日々
さよならの日
d0035551_14335559.jpg
今月14日の夕方6時過ぎ。
母方のおじいちゃんが亡くなりました。
84歳でした。


わたしが知っているおじいちゃんといえば、ちょっと厳格で近寄り難いイメージ。
(でも実際はよく気にかけてくれていたんですが、こどもだったわたしには難しい話が多かった。)

もう長年片足が悪く、母が亡くなった14年前にはすでにほとんど歩けませんでした。
それから数年後の手術を機に全く歩けず、寝たきりになってしまいました。
それ以来10年近く、祖母の介護のもと自宅で療養。
その10年間はベッドの中から、新聞や本を読みテレビを観て今の世の中を知り、祖母を通じてわたし達孫の様子や身近な人の様子を聞く、という生活でした。
病気や年のせいで言葉も思うように話せなくなっていたけど、亡くなる直前まで頭はしっかりとしていました。
でもベッドの中で外の様子を聞かされるだけ、でも思考はしっかりとしている、という状態はもともとおじいちゃんが持ち合わせた心配性な部分が強く出てしまうようで。
何かわたし達孫が壁にぶつかっている話などを聞くと、それだけで1日中あれこれ考えて悩みこんで眠れない日が続く、ということもよくあったようです。
そんなわけで祖母はわたし達に関することは随分取捨選択し、時には適当にごまかしつつ様子を伝えていたようでした。
もしかしたらわたしの父が再婚したことも、その後、わたし達姉弟と父の間に溝が出来てしまったことも知らないままかもしれません。

でももちろんいいニュースはちゃんとおじいちゃんの耳には入るのです。
テルと結婚したことはもちろん、ニーニのこともちゃんと知っていますし、何度かニーニを会わせることも出来ました。
よくわたしとニーニのことも気にかけてくれていたようです。
今年のお正月もテルとニーニと3人で会いに行き、話すことも出来ました。
おじいちゃんの娘である母が亡くなってから心配ばかりかけていたわたしだけれど、最後にひ孫を見せることが出来て本当に良かったです。
何しろずっと寝たきりだったってことは、今までも危なかったことが何度かあったわけで。。。
最期は容態が急変して10分ほどで亡くなってしまいました。
おじいちゃんと同居の従姉弟達も間に合わず、扉を開けた瞬間に心電図モニターはゼロになったらしいです。
わたしの弟はもちろん間に合わなかったようです。
弟の話では亡くなる30分前に電話で様子を聞くと、「今はまだ落ち着いてる」ということだったそうです。

亡くなったその日までしゃべることは出来なかったけれど、手で合図出来るほど意識のしっかりしていたおじいちゃん。
長年連れ添ったおばあちゃんに看取られて、最期には何を思っていたんでしょう。


あっちの世界ではわたしの母もいることだし、十数年ぶりに元気に親子の会話をしているといいな。
[PR]
# by vanilla_noel | 2006-05-30 14:35 | ◆日々
sadness and happiness
今月はとにかく忙しい月でした。

中旬には、わたしの母方のおじいちゃんがこの世を去りました。
下旬には、大学時代のクラスメートであり、サークル仲間でもあった友人が素敵な結婚式を挙げました。

ニーニがいてなかなか身動きのとれないわたしは5月に入ってから、少しずつ計画的に買い物や美容院に行ったりしてました。
そんな中、おじいちゃんの危篤の連絡を受け、そして次の日の訃報を受けて、大阪の実家に行く事になったのでした。
テルとわたしのブラックフォーマルの準備をし、さらにニーニにも葬儀の場に相応しい準備。。。って言ってもニーニが葬儀に出られるような服って。。。
悩みつつもなんとか服を揃え、泊まりの準備と飛行機のチケットの手配をして2泊3日で大阪へ。
大阪でも忙しい3日間を過ごし、そして再び家に帰ってくると、また結婚式に行くための準備です。
ニーニを妊娠して以来、フォーマルな場に出ることがなかったので、意外と準備に手間取るのです。
普段からなるべく『女性であることを忘れない』ようにしてたつもりでしたが、こういう機会に自分を見直してみるとそうでもなく。

なんて、もう言い出したらキリがないほどバタバタと慌しい月でした。

でもそんな忙しい中、親しい人との別れ、大好きな友人達の新たな門出を通じ、色々なことを振り返り思い出に浸った時期でもありました。
そしてわたしも気持ちを新たに、これからもっともっと頑張ろう、という気にさせられたのでした。


やっとこのバタバタも一段落し、少し時間もとれそうだし、何よりとってもとっても印象深い出来事だったので、少しずつ文章を整理しつつ、おじいちゃんの葬儀・友人の結婚式の記事もアップしていきたいと思います。
[PR]
# by vanilla_noel | 2006-05-29 13:09 | ◆日々
放置しすぎました。。。
お久しぶりです。。。
またも、放置しすぎでした。

『魔の2歳児』とはよく聞きますが、うちのニーニは1歳半にして『魔の時期』突入してる感じです。
おかげで、ゆっくりネットするなんてことめったに出来ません。
自己主張が激しすぎです。
自分の思った相手に思ったことをさせなきゃ気が済まない。。。のはわたしの小さい時にソックリのようです。

 例) わたし:転倒したわたしを祖母が抱き起こしたら、こけ直して母親に抱き起こさせた。せっかく祖母が抱き起こしてくれたのに!(今でも祖母にはしょっちゅうネタにされます。)
    ニーニ:飲み終わったお茶のコップを差し出して、テルが受け取ろうとすると怒り、わたしが受け取ると『ウンウン』と首を縦に振っておとなしく渡す。別に飲み終わったコップを誰が下げようといいじゃないかーーーーっ!

逐一こんな感じ。
気に入らないと唸るは泣くは。。。わたしもすでに『怖いおかあさん』になってます。
今は亡き母が良く、「あんたらに怒りすぎて血管切れるわ!」と言ってましたが、ニーニ1歳半にしてその気持ちがわかったり。。。

気の強い娘を持つってのは大変だ。。。(--;
[PR]
# by vanilla_noel | 2006-04-25 14:19 | ◆日々
パパ見知り
d0035551_033966.jpg
先日、テルが髪を切って帰って来たときのこと。

ニーニはテルが帰ってくると、いつも笑顔で出迎えます。
その日も帰って来たテルの姿を見て、喜んでお出迎え。
でもテルに近づいた途端、ニーニの行動がおかしくなりました。
笑顔が消えて、なんだか怖いものでも見るような怪訝そうな顔をしながら、少し後ずさり。
テルが「ニーニちゃん、ただいま~♪」と、抱っこしようとしても怪訝な顔のまま逃げてました。
そしてそのまましばらく距離を置いて、テルの顔を凍りついたように凝視して動きません。

ようやく慣れたのか、パパであることを認識し始めたのか、素直にテルに抱っこされてテルのお腹の上に座りました。
が。
テルのお腹の上に座ったまま、やっぱりほとんど身じろぎもせずテルの顔を凝視。
表情も変わりませんでした。

その後、一応パパであることを確信はしたらしいのですが、しょっちゅうテルの顔を見てました。


今までこんな反応をしたことがなかったのに、どういう心境だったんでしょ。
髪型の変わった(といってもパーマをかけたわけでも、カラーリングしたわけでもないのに)テルに対し、最初は警戒、その後ドキドキと言ったところかな。
そういえばわたしも小さい時は、家族の髪型が変わるとなんとなくドキドキして、顔を見るのが照れくさかった記憶が。。。

日々、色んな成長や変化を見せてくれるニーニですが、今回のは今までにない反応で、見ている方はなんとも可笑しくて微笑ましい反応でした。
ニーニの感情のバリエーションもどんどん増えていってることを感じる出来事でした。
[PR]
# by vanilla_noel | 2006-03-16 00:30 | ◆ニーニ
最近のこと
d0035551_1583428.jpg

初めてあみぐるみを作りました。
といっても超適当。
同じものをもう一度作れと言われてもきっと2度とできません。。。
でもいいのです。
ニーニが気に入ってくれたから。
作ってる途中、首だけの時から『よちよち』してました。
むしろ、首だけの時の方が可愛がってくれていたような気もします。
これからハハは、この子がニーニの一番のお気に入りになるように洗脳していきます。ウフ♪

** :+: *** :+: *** :+: *** :+: *** :+: *** :+: **


ここ最近、ネットから少し遠ざかっていました。
なんだかちょっと色々と悪循環をしていて、心がトゲトゲしていたのです。
この冬の始めに風邪を長引かせてからすっかり体力がなくなって、それと共に気力も衰え気味。
それでもニーニは良くも悪くも成長を続けるわけで。
知恵がついて、自我も強くなってきたニーニは、なかなか手のかかる娘です。
良く笑い、可愛らしい仕草をしつつ、意地っ張りで気が強くてワガママで。。。
もう本ッ当に性格がわたしソックリ。。。。。
おかげで体力気力ともに減退中のわたしはイッパイイッパイ。

やっぱり健康な精神は健康な身体に宿るもの。
これからもうちょっと体力をつけなきゃと思いつつ、少しずつ気力が復活してきたこの頃です。

今日はテルがニーニを連れて、おかあさんに会いに出かけてくれたので、久しぶりに一人でゆっくり過ごせています。
本当はわたしも一緒に出かけて水族館に4人で行く予定だったのだけど、疲れがどっと出て頭がガンガンしてたので、昨日のうちに予定を変更させてもらったのです。
でもせっかくあいた時間をほとんどネットに使っちゃった気がするんだけど。。。
他にも色々したいことがあったのだけど、まぁいっか。

d0035551_1539482.jpg

[PR]
# by vanilla_noel | 2006-03-12 15:39 | ◆日々
可愛いのが届きました♪
d0035551_0503737.jpg
*ひなぎく*さんにオーダーしていたハンドメイドブローチが届きました♪

先に出来上がり画像を見せて貰った時から、とっても可愛い出来上がりに感動!
届くのを心待ちにしていたのです。

届いた実物は、もう想像以上にすっごく可愛い!!
*ひなぎく*さんを知ってから、Handmadeのオーダーの受付けを心待ちにしていただけに感動もひとしお。
ニーニもとっても気に入った様子。
ニッコーと笑ってチュウしてました☆
さらに「よちよちよっちっちっちっち」と言いながら、ヨシヨシ。
可愛いものを見たときの、最近のニーニの反応です。

早速ニーニにブローチをつけてカメラを構えました。
が。
なぜかいつもわたしがカメラを向けると、突然走り回ってはしゃぎまくるニーニ。
今回は走り回るだけにとどまらず、カメラに突進してくる、グルグル回転を始める。。。
だーかーらーーー。
それじゃ、写真は撮れませんって!
それでも頑張って撮ってはみたものの、当然まともに撮れてるハズもなく。
なので着画はまた今度。


kuroちゃん、とっても可愛く作ってくれてどうもありがとう~☆
大切に使わせて貰うね♪

d0035551_1202414.jpg

[PR]
# by vanilla_noel | 2006-02-24 01:24 | ◆日々
ひいばぁば☆
d0035551_14103545.jpg

月に1度くらいの頻度で、お義母さんと会ってます。
といっても私たちが行くのではなくて、毎回千葉からお義母さんの方が近くまで会いに来てくれるのです。
ニーニを連れて電車で往復は大変過ぎるので、とても助かっています。
本当にありがたいです。感謝してます☆

今回は、お義母さん方のおばあちゃんも一緒に来てくれました。
レストランでお茶をしながら、ニーニには遅めのお昼ごはんを注文して、しばらくおしゃべりを楽しみました。
大人達が会話している中で、ニーニは大好きなパンをひたすらモグモグ。

その後、デパートの屋上のこども広場へ。
まだ屋上のこんなのがあるデパートがあるのね。
閑散とはしてたけど、ニーニにはそれでもワクワクする空間。
はしゃぎ回ってました。

今日のおばあちゃんからのリクエスト。
「お雛様の写真ちょうだいね。」
。。。。。。
雨天だったり、忙しかったりして、未だにお雛様出してませーん。。。
頑張って、出してあげなくちゃ。

** :+: *** :+: *** :+: *** :+: *** :+: *** :+: **


夜、めずらしく父から電話がありました。

実家の祖母が入院したとのこと。
が。
全然心配しなくていいから、だそうです。
ただ心拍が弱いので、ペースメーカーを入れるのだそうで。
ペースメーカーと聞くと大変なことな気がするけれど、全然そんなこともなく。
入院と同時に仮のペースメーカーを入れた祖母はピンピンしていて、入院前よりも体調が良くなったことに気をよくしてはしゃぎまくっているとか。
退院したら、大阪からニーニに会いに来る予定まで立てようとしているほど。
正常な人で脈拍が70くらいなのに対し、祖母の入院時の脈拍が30台。
それが仮のペースメーカーによって正常値になったのだから、気分が良いのも当然といえば当然。

ここ数年、祖母の寝込む頻度が上がってきて心配だったのですが、これでちょっと安心。
[PR]
# by vanilla_noel | 2006-02-18 23:59 | ◆日々
St.Valentine Day
d0035551_2313015.jpg
昨日(すでに一昨日だけど)のバレンタインデー。

チョコレート中毒のわたしとしては、決して無視できない日です。
テルへのプレゼントと称して、自分が食べるのが目的ですから。

さんざんアレコレと悩んだ挙句(情報をくれたミリちゃん、ありがとう☆)、今年はピエール・マルコリーニにしました。
高くて普段だとちょっと手が出ないし。。。
テルに「はい♪チョコレート♪」とあげた後、当然のように一緒にいただきました~。
とっても美味しかった~っ♪
(ボキャブラリー貧弱なので、気の利いたことは言えませんが。。。)
濃厚かつ繊細で、口中に広がったカカオの味はすごく後をひきます。
今思い出すだけでも、チョコを口に入れた時に幸福感が蘇ります☆
美味しいチョコを食べられるのって、ホント幸せ~♪
商戦に踊らされているのでもいいのです。
踊らされた結果、この幸せが味わえるなら~。
今回はオンラインで購入しましたが、いつか銀座のカフェに行きたいです。(ニーニがいるとなかなか難しいので、いつ行けることか。。。)

ちなみに先週末、新宿にお買い物に行く予定で、ついでにジャン=ポール・エヴァンも狙ってたんですが、ニーニのご機嫌がすこぶる悪かったので予定はキャンセルとなり、J.P.エヴァンは味わえませんでした。。。残念。
[PR]
# by vanilla_noel | 2006-02-16 03:08 | ◆kitcen & food
あまえっ子炸裂中
d0035551_23462882.jpg最近、ますます甘えっ子になってきたニーニ。

←写真のように一人でご機嫌に遊んでいることは珍しいです。

一日の半分はわたしの腕の中。
「ぱいぱい~」と言いながら1日6~8回母乳を飲んで、遊ぶ時はわたしのひざの上。
雑巾がけをしていると背中に乗ってくるし、キッチンに立っていると足にくっついたり足の間から顔をのぞかせたり。
わたしが風邪で寝込んでいると、わたしの頭や顔の上に座ってお尻をグリグリ。
とにかく全身で甘えてきます。

こんなに甘えっ子で大丈夫なのかしら。。。。

でも言葉も順調に増えてきてるし、出来ることも増えてきてるし、これでもいいのかな。
わたし自身、小さい時はニーニに負けないくらい甘えっ子だったし、あんまり人のこと言えないしね。。。
今のニーニと同じ行動を取っていたこと、かなりハッキリ覚えています。
ホント甘えっ子なところといい、そのくせ気が強いところといい、外では『イイコ』なところといい、わたしそっくり。。。
なので、あまりエラソウなことも言えません。。。
おかげで、長時間ニーニと離れるのはしばらくムリかもしれません。
友達のライブが近々あるのになぁ。。。


** :+: *** :+: *** :+: *** :+: *** :+: *** :+: **

上の写真の積み木はニーニ一人で積み上げました~。積み木はニーニ大得意!
この後、もう一つ積み上げて、今のところ積み木の積み上げ記録は9個。
ニーニの手を伸ばしてギリギリの高さなので、これ以上は何か台に乗ってでないとムリのようです。
[PR]
# by vanilla_noel | 2006-02-14 10:14 | ◆ニーニ